皇學館のあゆみ

明治15年(1882)  4月
久邇宮朝彦親王
久邇宮朝彦親王

神宮祭主久邇宮朝彦親王から
宇治今在家町の林崎文庫に皇學館設置の令達が発せられる。

明治16年(1883)  3月

皇學館開館式が挙行される。敷田年春が祭主を務め祝詞を奏上。

明治20年(1887)4月

皇學館の正式名称を神宮皇學館とする。

明治20年(1887)10月

宇治浦田町に校舎を新築して移転する。

明治29年(1896)  9月

宇治館町に校舎を新築して移転する。

宇治館町新校舎の鳥瞰図
「神宮皇學館全図」 明治29年に描かれた宇治館町新校舎の鳥瞰図
神宮皇學館正門
神宮皇學館正門
明治33年(1900)  2月

神宮祭主/神宮皇學館総裁の賀陽宮邦憲王から令旨を賜わる。

賀陽宮邦憲王令旨
賀陽宮邦憲王令旨
賀陽宮邦憲王
賀陽宮邦憲王
明治36年(1903)  8月

勅令として神宮皇學館官制が公布され、内務省所管の官立専門学校となる。

神宮皇學館官制
神宮皇學館官制
(官報より 国立国会図書館蔵)
大正へ続く