展示室

第2展示室

郷土関係資料

伊勢歌舞伎資料(千束屋資料)

 「千束屋資料」は、江戸時代後期から昭和30年代まで、伊勢古市の地で歌舞伎衣裳の貸し出し業を営んでいた千束屋に残された数多くの歌舞伎用品(衣裳・鬘・小道具・台帳ほか)から成る資料である。

鼓の間

「鼓の間」にちなむ道具


千束屋の歴史

 千束屋は、もともと十返舎一九の「東海道中膝栗毛」にも登場する古市の有名な妓楼(ぎろう=遊女屋)であったが、後、文化5年(1808)頃から歌舞伎用品の貸し出し業を始めた。
 伊勢神宮への参詣が盛んになると共に、伊勢の地においては芸能が盛んになり、特に古市における歌舞伎は、江戸・上方に次ぐものとして隆盛をきわめた。また、古市や伊勢周辺においては地芝居も盛んにおこなわれた。
 千束屋は、そのような歌舞伎上演に必要な衣裳をはじめとするさまざまな歌舞伎用品すべてを貸し出す、いわば「歌舞伎総合レンタル業者」であった。

引き札

引き札


考古資料(濱地文平氏蒐集資料)

 皇學館大学元理事長故濱地文平氏が蒐集保管していた、三重県内出土のものを中心とする97点の考古資料である。時代的には、古墳時代を中心として、飛鳥・奈良・平安・鎌倉・室町・江戸の各時代に及んでいる。これらのうち7割ほどは出土地が明らかで、考古資料としては一等資料である。

第2展示室

展示室のご案内