主な収蔵資料

住吉大社本殿御帳台(みちようだい)

大阪・住吉大社寄贈
江戸時代

 住吉大社の本殿神座として殿内に安置されていた御帳台です。同社は享和二年(一八〇二)十月二十八日の火災により、本殿四棟以下を焼失し、文化七年(一八一〇)四月五日再興され正遷宮が挙行されました。この折火災を免れた摂社大海神社の神座が本殿神座として使用されました。展示品はこの折のものと伝えられています。帽額(もこう)、帷(かたびら)、八重畳(やえだたみ)等は復元品ですが、黒漆塗の帳骨(ちょうこつ)、浜床、大床子(だいしようじ)、茵(しとね)(縁を除く)は当時のもので、近世期における住吉大社の神座の様子を窺うことができます。

住吉大社本殿御帳台

住吉大社本殿御帳台


皇大神宮(こうたいじんぐう)宇治橋(うじはし)古材(こざい)(平成二十一年五月撤下)

三重・神宮寄贈

 宇治橋は五十鈴川(御裳濯河(みもすそがわ)を境に、皇大神宮神域の内外をつなぐ神橋です。展示品は宇治橋西詰北側の第一男柱(おばしら)とその周囲の古材です。第一男柱の葱花(そうか)型金具(擬宝珠(ぎぼし)のなかは、橋の安全を祈願した万度麻(まんどぬさ)(守札)が納められる構造です。
 宇治橋架橋(かきよう)の時期は室町時代の永享(えいきよう)六年(一四三四)からとされ、また式年遷宮と架橋との直接的関係はなく、第五十九回(昭和二十八年)から遷御(せんぎょ)の四年前に造替(ぞうたい)が行われ現在に至っています。

皇大神宮宇治橋古材

皇大神宮宇治橋古材


御所御絵図 附封筒(小原家文庫資料の内)

 紫宸殿(ししんでん)を中心とした御所図で、「博覧会」と印刷された封筒を附しています。京都博覧会の開催期間中に公開された御所を観客が拝観している様子が描かれています。博覧会見学の記念品として頒布されました。京都博覧会の会場には、第二回から第九回まで当時の大宮(おおみや)御所・仙洞(せんとう)御所(現・京都御苑(ぎよえん))が使用されました。普段入ることの出来ない御所の開放はめったにない機会であったため、多くの観客が訪れました。同博覧会は明治十四年(一八八一)の第十回からは、御苑の一角に常設の会場が設けられ、また明治三十年(一八九七)には岡崎に建設された博覧会館で開催されるようになりました。

御所御絵図 附封筒

御所御絵図 附封筒


大礼記念京都大博覧会ポスター(小原家文庫資料の内)

 多色刷印刷。京都博覧会が岡崎公園の主会場を中心に西会場・南会場の三会場で行われたこと及び京都の名所を記しています。京都博覧会は昭和三年(一九二八)九月二十日から十二月二十五日迄、昭和天皇の大礼を記念して全国各地で開催された博覧会の一つです。本展覧会は京都の地が大礼式の挙行地としての優位性のもと、他にくらべて出色のできばえとして、好評を得た博覧会として位置づけられています。

大礼記念京都大博覧会ポスター

大礼記念京都大博覧会ポスター