公開学術講演会

公開学術講演会一覧

 学内外の研究者や神職を講師として招聘し、神道を中心とした日本の文化や歴史を主題に、教職員・学生・一般市民を対象として、年1回開催しています。
過去の開催実績(肩書は開催当時)
令和元年6月1日
第42回「奈良・平安時代の太上天皇」 中野渡俊治氏(清泉女子大学教授)
平成30年5月8日
第41回「大嘗祭-天皇祭祀権と在地性-」 岡田莊司氏(國學院大學教授)
平成29年6月9日
第40回「近世神道から国学へ」 前田勉氏(愛知教育大学教授)
平成28年4月27日
第39回「殯・殯宮と王宮・葬地」 西本昌弘氏(関西大学文学部教授)
平成27年11月12日
第38回「中世に於ける公家衆の家名伝襲と家伝文書・家領の継承」 橋本政宣氏(東京大学名誉教授、舟津神社宮司)
平成26年6月12日
第37回「荷田春満と『荷田派』の国学者」 松本久史氏(國學院大學神道文化学部准教授)
平成25年7月25日
第36回「伊勢の式年遷宮」 中西正幸氏(國學院大學教授)
平成24年11月28日
第35回「神祇令關係注釋書と明法家」 嵐義人氏(國學院大學教授)
平成23年7月22日
第34回「神功皇后伝説の成り立ち」 塚口義信氏(堺女子短期大学名誉学長・名誉教授)
平成22年6月25日
第33回「近世陰陽道と暦」 林淳氏(愛知学院大学教授)
平成21年7月10日
第32回「律令国家と神祇祭祀」 西宮秀紀氏(愛知教育大学教授)
平成20年6月26日
第31回「神社神道はどこへ行くのか」 石井研士氏(國學院大學神道文化学部教授)
平成19年11月20日
第30回「思想史の立場から見た神道」 高橋美由紀氏(東北福祉大学教授)
平成18年6月28日
第29回「鏡と神道考古学」 椙山林繼氏(國學院大學教授)
平成17年7月13日
第28回「朱子学と神道」 土田健次郎氏(早稲田大学文学学術院長)
平成16年11月25日
第27回「古代宮廷祭祀の形態-天皇・皇后・皇太子の祭祀をめぐって-」 中村英重氏(札幌市教育委員会市史編纂委員会副編集長、北海学園大学大学院・札幌学院大学講師)
平成15年10月22日
第26回「マンダラに見る神仏の共存」 頼富本宏氏(種智院大学学長)
平成15年1月24日
第25回「ヨーロッパにおける日本・神道研究の現状と課題」 ヨーゼフ・クライナー氏(ドイツ・ボン大学日本文化研究所長)
平成14年12月4日
第24回「菅原道真と天神信仰」 所功氏(京都産業大学日本文化研究所長)
平成13年6月1日
第23回「出雲大社本殿遺構の復元」 宮本長二郎氏(東北芸術工科大学教授)