公開講座

第22回公開講座 『続日本紀史料』全巻完結を記念して

 史料編纂所が編纂を続けておりました『續日本紀史料』(以下、「續紀史料」)全20巻22冊が、このたび完結しました。『續紀史料』は、文字通り、六国史の第二『續日本紀』の掲出記事をベースに、関係史料を網羅した編年史料集である。1巻に『續日本紀』全40巻の2巻分を収載する方針で編纂を進めてきましたが、途中、収載すべき関聯史料が多い第9・10の2巻を2分冊とし、合計の冊数は22冊となりました。各巻の分量は均一ではありませんが、短いものでも500頁に近く、最多頁の巻に至っては900頁を超えますから、総頁数は厖大な分量です。

 今回、この『續紀史料』の完結を記念して、奈良時代とこの時代を扱っております『續日本紀』をテーマとした公開講座を開催致します。ゲスト講師に、地元伊勢ご出身の岐阜大学の早川万年教授をお招きいたします。ふるってご参加ください。

講師・演題

①皇學館大学研究開発推進センター副センター長・教授 荊 木  美 行 氏
  「続日本紀史料とはなにか―完成までの経緯と出版の意義―」

②皇學館大学研究開発推進センター准教授      遠 藤  慶 太 氏
  「続日本紀と萬葉集―「史料をならべる」ということ―」

③岐阜大学教育学部教授   早川 万年 氏
  「続日本紀の伊勢・志摩関係記事」

※演題には若干の変更がある場合があります。

開催日時

9月21日(日)10:00〜15:00

定員

80名(申込先着順)

場所

皇學館大学 2号館 234教室

※聴講料無料、申込制です。下記連絡先までファックスまたはおはがきにてお申込みください。
 皆様の聴講心よりお待ちしております。
 なお、当日学生食堂・売店の営業はございません。昼食は各自ご用意ください。


皇學館大学研究開発推進センター 史料編纂所
〒516−8555
三重県伊勢市神田久志本町1704番地
TEL/FAX:0596-22-6462