研究推進事業Research Propulsion Project

研究活動における不正行為および研究費の不正使用に係る通報窓口

研究活動上の不正行為に係る告発窓口

皇學館大学では、研究活動上の不正行為に係る相談および告発の窓口を設置しています。
研究不正行為に係る申立て・情報提供等は、どなたでも行うことができます。

申立ての対象となる研究不正行為

申立ての対象となる、研究不正行為は次のとおりです。

  1. 研究活動における不正行為
    • ① 捏造(存在しないデータ及び研究結果等を作成すること)
    • ② 改ざん(研究資料・機器・過程を変更する操作を行い、データ及び研究活動によって得られた結果等を真正でないものに加工すること)
    • ③ 盗用(他の研究者のアイディア、分析・解析方法、データ、研究結果、論文又は用語を、当該研究者の了解若しくは適切な表示なく流用すること)
    • ④ 二重投稿(他の学術誌等に既発表又は投稿中の論文と本質的に同じ論文を投稿すること)
    • ⑤ 不適切なオーサーシップ(論文著作者が適正に公表されないこと)
    • ⑥ 利益相反(ある行為により、一方の利益になると同時に、他方への不利益になる行為)
  2. 研究費の不正使用
    • ①故意または重大な過失による、実態とは異なる謝金又は給与の請求
    • ②物品購入における架空請求
    • ③不当な旅費の請求
    • ④その他関係法令、競争的資金の配分機関の定め、学内関係規程等に反して研究費を使用すること
  3. 前号に掲げる行為の証拠隠滅又は立証妨害

通報窓口

研究活動上の不正行為に係る相談および告発の窓口は次のとおりです。
申立てを行う場合は、氏名・住所・連絡先を明らかにして、本学公益通報窓口までご連絡ください。

名称 皇學館大学 公益通報窓口
住所 〒516-8555 三重県伊勢市神田久志本町1704番地
TEL 0596-22-6356(直通)
※電話による受付時間は、平日9時00分~16時00分です。
メール c-kansasitu@kogakkan-u.ac.jp
学校法人皇學館公益通報等に関する規程はこちら

注意事項

申立てを行う方は、必ず以下の内容をご確認ください。

  1. 申立てにあたっては、原則として、申立者の氏名・住所・連絡先をお知らせください。申立者のプライバシーは厳守し、申立者本人の許可なく氏名等を公表することはありません。 匿名による申立ての場合は、調査に支障をきたすことが十分考えられ、対応に限界があります。また、調査結果等のご連絡ができないことをご了承ください。
  2. 受け付けた申立て内容については調査の必要性を検討し、調査実施の有無を通知させていただきます。
  3. 申立てを行ったことを理由として、不利益な取扱いを受けることはありません。
  4. 調査の結果、申立てが悪意に基づくものであったことが判明した場合には、申立者の氏名の公表、懲戒処分、刑事告発等を行うことがあります。