研究推進事業Research Propulsion Project

不正防止に向けた取り組み

 皇學館大学では、文部科学省の「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成19年2月15日文部科学大臣決定)、「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(平成26年8月26日文部科学大臣決定)に基づき、不正防止に向けた取り組みを行っています。
 具体的には、「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(平成26年8月26日文部科学大臣決定)にて求められている研究倫理教育について、CITI Japanプロジェクトが提供するeラーニングプログラムを本学の全専任教員、全大学院生及び研究に関わる事務職員に受講を義務付けています。
 また、外部講師による研究費の不正使用防止についての講習会、全学教授会等においては研究費の不正使用・研究活動における不正行為について主な事例を紹介する機会を設けるなど、研究費不正使用防止のためのコンプライアンス教育を行っています。