研究開発推進センターについてAbout This Center

概要

 本センターは、神道研究所、史料編纂所および佐川記念神道博物館といった附置研究機関を一元的に運営すると共に、新たな研究プロジェクトを推進することを目的として、平成25年に設置されました。
 上記3機関は、本学が文学部のみの単科大学であった時代から、それぞれ特色ある研究成果をあげてきましたが、新たに教育学部や現代日本社会学部が設置され、「神道」や「史料」といったカテゴリーのみでは、大学の研究を組織的に支援することが難しくなってきました。そこで、上記3機関の研究機能を集約するとともに、従来の大学研究委員会機能をも継承しつつ、科学研究費をはじめとする競争的外部資金の獲得を組織的に支援することで、様々な学問領域に亘る本学教員の研究開発推進を実現することとしたものです。
 社会から本学に期待されている新たな研究機能を果たすとともに、このことを通じて本学の建学の精神を具現化し、もってそれを将来にわたって強固なものにすることを目的としています。

概要